1行紹介

気が向いて出かけた先で見つけた風光・生物・生活など

自己紹介文

ちなみに、号は、
 
興来毎獨往,勝事空自知。
行到水窮處,坐看雲起時。
 
摩詰「入山寄城中故人」から。
 
(気が向いたときに一人で行くので、すばらしいことも自分が知るだけ。
ぶらぶらと水源に行き着き、雲がわき起こるのを見やる。)
 
 
そんな境地で、旅先、庭先、家の中、で、見たこと、気づいたこと、考えたこと、を、書き留めて、諸兄にお届けするものです。

興味のあること

自然観察,旅行,クラッシック,能