« クモや虫など | トップページ | 家を建てる(41)色合わせ »

2009年5月11日 (月)

緑映紅(越後の山麓から)

千里鶯鳴緑映紅、水村山郭酒旗風。杜牧

緑の中に紅が映えるならわかるけれど、紅の中に緑が映えるというのはどういうことなのか、と思ったりしましたが、春先に野山を歩くと、木々が萌え出る頃は全体に赤っぽく、点々と緑が鮮やかで、なるほどこういう風景か、と納得しました。

Photo_3クロモジです。

Photo_4 ハンノキ科のシデの仲間でしょうか。

0001_3 これはまた見事。前のとはまた種類が違うのでしょうか。

Photo_5 アブラチャンというちょっと変わった名前のクスノキ科。花も実も紅葉も独特で面白い。

0001 赤いトサカからすると、ツノハシバミでしょうか。

Photo_6 図鑑をパラパラ見る限り、オオネコヤナギが近いようにも思えます。

0001_2 この時期、垂れ下がっている木の花を見ると何でもキブシ、と言ってしまうのはちょっと反省。これはたぶん本物のキブシ。

|

« クモや虫など | トップページ | 家を建てる(41)色合わせ »

自然観察」カテゴリの記事

紀行」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑映紅(越後の山麓から):

« クモや虫など | トップページ | 家を建てる(41)色合わせ »