« 家を建てる(39)庭のこと | トップページ | 秋山郷へ »

2009年5月 5日 (火)

家を建てる(40)東京ガスのショールーム

エコウィルを勧められたので、東京ガスのショールームに現物を見に行きました。入るとすぐに、にこやかにエスコートしてくれます。実際に音を聞くと、確かに静かです。東京電力のエコキュートとの費用の比較は、メーカー経由で申し込めばシュミレーションしてくれるとのことだったけれど、後日依頼しても、結局埒が明かなかったのですが、まあ、どちらかが有利であれば、どちらかが売れなくなるので、ちょうど同じようになるように調整されているのでしょう。

床暖房の展示では、最初に、この地の外の冬の気温の部屋を通り、次に、エアコンを効かせた部屋に入ります。顔に温風が当たり足はひんやりします。次に床暖房の部屋に入ります。寒がりの連れがとたんに動かなくなりました。

タイルや畳でも対応できる製品があるとのことで、全館床暖房というのも可能なのだそうですが、まあ、畳はもともと暖かいし。

浴室暖房は、血圧の急変がないので体によい、という展示。暖かいリビングから寒い脱衣場に行き、裸になって血圧が上がりきったところで暑い湯に浸かると、急激に低下するので危ない、とのこと。まあ、まだ若いし、と、これは見送り。

ミストサウナに手を突っ込んでみたりもしました。温水暖房はトイレなどにいいような気もしました。

かくして、エコウィルを導入することに決めたのですが、そうこうするうちに、家が完成する頃には、エネファームも発売になりました。その当時は、モニターの募集があったようですが、締め切られたあとでした。まあ、この分野の技術は日進月歩なので、その時の最新のものを買っておけばよいのでしょう。

|

« 家を建てる(39)庭のこと | トップページ | 秋山郷へ »

マイホーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家を建てる(40)東京ガスのショールーム:

« 家を建てる(39)庭のこと | トップページ | 秋山郷へ »