« 【南大東島】ここは東京都? | トップページ | 【南大東島】3 さとうきび畑 »

2009年7月30日 (木)

【南大東島】2 こうもり

Photo_5

コウモリは悪役にされることが多いのですが、ダイトウオオコウモリはかなり違います。
夜行性なのは同じなのですが、普通のコウモリは超音波を使うので耳がでかくて顔が皺だらけなのに対して、こちらのコウモリは、目で見るので、目が大きくて円らです。また、銀色の毛がのど元にふさふさして、触ったら気持ちよさそうです。

本土のコウモリは虫を食べるのに対して、こちらの食べ物は木の実です。

ばさばさと飛んできては、しばし押し合いへしあいしてから、不器用に枝を伝っては実を取って食べます。木はたくさんあるのになぜか1本の木に集まってくるので、枝に降り立つ時にはもめたりしています。
在所(集落)から歩いて20分くらいの大東神社の拝殿付近で見ました。(蚊の猛攻撃に耐えながら。)また、在所の中の街路樹や、近くの池のほとりなどでも、空をよぎる姿を見かけました。

Photo_2Img_0001_5ほかには、ダイトウコノハズクの赤ちゃん、境内のサガリバナなどが見られました。

また、移入種のミヤコヒキガエルは、天敵のヘビがいないので、わがもの顔に歩き回っては車にひかれて干物になっていました。轢かれてすぐの死体の周りに仲間が集まって、死を悼んでいるのかと思いきや、死体にやってくるハエがお目当てのようです。そしてそこに車がやってくると、自分も殉死することになります。0001

 

|

« 【南大東島】ここは東京都? | トップページ | 【南大東島】3 さとうきび畑 »

動物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

自然観察」カテゴリの記事

紀行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【南大東島】2 こうもり:

« 【南大東島】ここは東京都? | トップページ | 【南大東島】3 さとうきび畑 »