« 【畑日記】初収穫まで | トップページ | 【南大東島】2 こうもり »

2009年7月29日 (水)

【南大東島】ここは東京都?

7月22日から24日にかけて、南大東島に行ってきました。

昔、ラジオの気象通報を聞きながら天気図を書いた時には、「南大東島では、北北西の風、風力、、」と読み上げられていたのが印象に残っています。今でも、台風情報などで、時々耳にします。

太平洋のただなかの孤島で、100年少し前まで無人島でしたが、八丈島出身の玉置半衛門が開拓に乗り出し、サトウキビ生産を軌道に乗せました。

玉置半衛門は、ジョン万次郎から(と、どこかの解説で見たような気がしますが、単なる伝説かもしれません)、鳥島のアホウドリのことを耳にして、開発に乗り出し、ほぼ絶滅するまで、せっせと捕獲しては羽毛を生産して巨万の富を得ましたが、それに飽き足らず、今度は、八丈島の人たちと、無人島だった南大東島の開拓に乗り出し、ヤシの木(ダイトウビロウ)をせっせと切り倒しては島中をサトウキビ畑にしました。生態系保護の観点を横に置いておけば、フロンティアスピリットの権化のような怪傑といえるでしょう。島では英雄扱いのようでした。

ということで、この島に最初に住みついたのは沖縄の人ではなく、八丈島の人だったので、沖縄の他の島とはだいぶ文化が違います。

沖縄で見かける壮大なお墓や御嶽は見かけませんでした。その代り、鳥居があって神社があります。秋祭りは、大相撲と琉球相撲のダブルヘッダーなのだそうです。

それはそうと、NHKニュースが関東向けなのはなぜでしょうか。ただでさえ、ここが台風の直撃を受けているというのに、全国いい天気です、というような調子なことが多そうなのに、さらに、関東地方の詳しい天気予報や事件をあれこれ聞かされるというのはどうなんでしょうか。伊豆諸島や小笠原が関東に含まれるというのも不思議な感じはしますが、一応そこの天気にも言及されているのに対し、大東島の天気に言及しているのは九州沖縄ローカルなのですが。場所柄季節がら台風情報が気になるところですが、留守宅付近の情報の方が詳しくなりました。

ところで、沖縄の人と八丈島の人と、いずれも旅行者にやさしいのですが、沖縄の場合は、親戚あるいは旧友として扱ってくれるのに対して、八丈島の場合は、客人あるいは旅の人(流人)として歓迎してくれるように思われます。親戚あるいは旧友として扱われる場合には、こちらとしても、そのように振舞って自然に溶け込めるスキルが必要となるわけですが、客人として遇してくれる分には、そのような図太さがなくても大丈夫なので、沖縄の旅に慣れていない人でも安心なようです。

ちょっと観念的になってしまいましたが、具体的なことは、また次回。

|

« 【畑日記】初収穫まで | トップページ | 【南大東島】2 こうもり »

紀行」カテゴリの記事

コメント

NHKのはなしは、テレビですよね?

ウィキペディアによると。。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%8D%97%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%B8%AD%E7%B6%99%E5%B1%80&oldid=25759920

・・・1996年に小笠原諸島向けに開始した通信衛星を使用しての受信となるため、沖縄の放送局ではなく東京(関東広域圏)の放送局が放送され・・・

と、あります。

技術的な事情ということでしょうか。

AM放送の内容は(FM放送されている!)沖縄ローカルものが聞けるようになったようですね。

それにしても、隔絶、特異な地域とわかります。
新聞はいかがでした??

投稿: fuwaku | 2009年7月29日 (水) 10時14分

ありがとうございます。
多分そういうことだろう思ってましたが、大変な苦労をして、やっと見られるようになっていたのですね。
地上波が見られるようになったのがつい10年あまり前からとは。
新聞は、11時半に着く飛行機で運ばれてくるようです。
暑い日中は、皆さん新聞を熟読しています。

投稿: 看雲 | 2009年7月29日 (水) 12時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【南大東島】ここは東京都?:

« 【畑日記】初収穫まで | トップページ | 【南大東島】2 こうもり »