« 【今週の収穫】ミニトマト、オクラ | トップページ | 【今週の畑仕事】ソバの種まき »

2009年8月19日 (水)

【書評】アーネストサトウの日記

アーネストサトウの日記第12巻は、賜暇で帰国したサトウの生活。
前回の休暇から5年後が原則のところを父親の死を理由に1年半の前倒しが認められ、9か月の予定を2回延長の申請をして結局2年近くの休暇が認められました。
往復の旅費が支給される有給休暇とは大盤振る舞いのような感じもしますが、この休暇の使い方が、すごい。

毎晩のようにコンサート三昧、は、まあ普通ですが、聴いた曲のピアノ連弾の楽譜を買い込んで、友人とピアノで再現、となると、ただの音楽好きの域を超えています。

ヨーロッパ旅行に明け暮れる、というのも普通ですが、行った先のイタリアで家庭教師を頼んでイタリア語を学び、ドイツではドイツ語の法学の講義を聴講し、スペイン語の勉強に翻訳に挑戦したり、と、単なる観光旅行ではなく、駆け足の語学留学の連続です。

それだけではなく、弁護士資格も取得してしまう、という濃密な休暇とあっては、頭が下がります。
相変わらず、自堕落に終末を浪費してばかりの我が身を省みて、思うところ少し。

|

« 【今週の収穫】ミニトマト、オクラ | トップページ | 【今週の畑仕事】ソバの種まき »

書評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】アーネストサトウの日記:

« 【今週の収穫】ミニトマト、オクラ | トップページ | 【今週の畑仕事】ソバの種まき »