« (庭)初夏 | トップページ | (紀行)連休越後紀行(2日目その2)しただ郷の林道歩き »

2010年5月18日 (火)

(紀行)連休越後紀行(2日目)しただ郷

5月1日、下田(しただ)道の駅の、うんめもんフェアの初日でした。

0002_2

スーパーで買うと高いこごみが安い。
そして、おいしい下田米。
しただの奥は、山々が扇状に広がっています。
取り巻く分水嶺の山々には、日本海に近いので、「東洋一の大雪庇」(なのだそうですが、)ができるほど雪が積もります。
八方から何本も沢が走り雪解け水を集めて、それが八木が鼻の大岩壁に集中します。
そして、そこから五十嵐川となって、信濃川に流れ下ります。
その水を使って作るお米だから、おいしいのでしょう。

それから、見かけたのは、「いぐさ」。
えごまのような粒々の実だけれど、これが、軽くて食感がよくて、何にかけてもおいしい!

そのほか、切干大根、かぶら干し、切干大根など。

横田精肉店の豚汁と紅芋コロッケをいただきました。

また、「ひこざえん」はお供えした米粉を串に巻いて味噌をつけて焼いたものです。

満喫して、
吉が平方面へ、少し林道を歩いてみましたが、また明日。

|

« (庭)初夏 | トップページ | (紀行)連休越後紀行(2日目その2)しただ郷の林道歩き »

紀行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (紀行)連休越後紀行(2日目)しただ郷:

« (庭)初夏 | トップページ | (紀行)連休越後紀行(2日目その2)しただ郷の林道歩き »