« 越後三条梅雨時紀行③吉が平 | トップページ | (日フィル)演奏会 »

2010年6月25日 (金)

越後三条梅雨時紀行④ほたる

三条ホタルの会主催のホタル観察会に参加しました。

場所は、小布施谷。集落を水路が流れる風情のある家並みを過ぎないうちから、小さな水路にもホタルの姿が。庭先の松の木にもホタルが。贅沢な暮しぶりをうらやましく感じました。

その奥の水田にはゆったりと明滅しながら遠くの林のへりを飛ぶゲンジボタルのオス、ちかちかと明滅するヘイケボタル。草の上には幼虫が光るクロマドボタル。

始まりの挨拶、終わりのまとめ、危険の説明、途中でのやまぐわの実を摘むお楽しみ、など、正統派自然観察会でした。何よりも、こういう自然観察会に参加すること自体がとても楽しいので、充実したひと時でした。

横浜の某所のホタル祭りに行って、押し合いへしあいしながら人ごみに流されていたのを思い出しました。

ここでも、ちょっとホタルを宣伝すると、町の人が大挙して乱入してきて近隣住民はたまったものではない、ということになっちゃうのは同じだそうで、今回の観察会も、別の公園でやっていたのですがキャパシティーをオーバーして、この静かな山村に移動してきたのだそうです。

都会の人が自然との付き合い方に成熟するのには、もう少し時間と経験が必要なようです。

遠くでトラツグミの声が聞こえ、足元ではおけらがしきりに鳴いていました。

|

« 越後三条梅雨時紀行③吉が平 | トップページ | (日フィル)演奏会 »

自然観察」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

紀行」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越後三条梅雨時紀行④ほたる:

« 越後三条梅雨時紀行③吉が平 | トップページ | (日フィル)演奏会 »