« (紀行)越後三条高城(たかじょう)の姫小百合 | トップページ | (犬)谷から稜線へ »

2010年6月 5日 (土)

(犬)誘い道

次第に雲が広がり始めた、ある明るい6月の朝、犬と2時間近く、気ままに散歩をしました。
0001
団地は昭和40年代に造成されたもので、丘陵地帯にあるので斜面の緑に埋もれてひっそりとしています。当時のこととて緑が多く残されているので隠されてはいますが、意外と規模が大きく、その中心のAコープと商店街は、今朝は結構活気がありました。

以前夕暮れに訪れたときは時が止まっているかのような不思議な印象でしたが、朝に通ると、どこにでもある日常の生活の風景でした。

0002
ようやく団地を抜けるあたりから、か細い道が坂を上っていくのに誘われて、辿って行ってみました。

0003

0004
道は次第に細くなり、庭木が植わっている畑の中に分け入り、造園屋さんの敷地内なのか、判然としなくなり、大きく曲がるたび、微妙な分かれ道に出くわすたびに首を伸ばして様子をうかがいながら進みました。いつ突き当たるかと思いつつ歩いて行くと、どうやら通り抜けられました。

なんのことはないすぐに個人の裏庭に上がるって尽きてしまうような細道が、入ってみると意外にどこまでも続き、丘を越え、林に入り、突き抜ければ広大な畑、と、そうこうするうちに、もはや引き返す気にもなれず、かといってここが何処かもわからない、そんな、不思議な感じがしました。

ふと目についてしまった杣径に絡めとられて異世界に引きづり込まれてしまった、そんなファンタジー気分の、ぼんやりとした明るい梅雨前の週末の朝の散歩でした。

0005
遠くにランドマークとマリンタワーが出現したりしました。

造成中の近くで、お稲荷さんの祠は引越しの途中なのでしょうか。
0006

0007

|

« (紀行)越後三条高城(たかじょう)の姫小百合 | トップページ | (犬)谷から稜線へ »

ペット」カテゴリの記事

近所」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (犬)誘い道:

« (紀行)越後三条高城(たかじょう)の姫小百合 | トップページ | (犬)谷から稜線へ »