« (紀行)越後水禽紀行(2日目)②その後 | トップページ | (犬)春隣り »

2011年1月13日 (木)

(犬)冬の宵

昼の間吹いていた風も収まり、穏やかな夕方、日没後の西の空の透きとおるような赤い帯を追いかけ、急いで帰宅して、犬と散歩。
西の空は赤い帯は消え、明るい群青色が次第に深みを増していきます。
南の空の細い冬の雲は、しばらくの間白く光っています。
やや太った月は、近くに木星を引き連れ、次第に明るく輝き始めました。
高台の畑に上がると、四方に街の灯り。南東にランドマーク、北東に新横浜のプリンスホテル、北には港北センターや川崎方面のビル群、西には家々やマンションの灯りが足もとに広がりっています。
こうして犬と、凛と冷えた真空のような世界の闇に沈む畑の中を歩いていると、周囲の人の生活の灯りが月や雲のように遥か遠い別世界のように感じられます。

なあ、と犬に目をやると、相棒は草むらのにおいを嗅ぐのに夢中。

さ、買出しして引き上げるぞ、愛犬きゅうよ。


|

« (紀行)越後水禽紀行(2日目)②その後 | トップページ | (犬)春隣り »

ペット」カテゴリの記事

近所」カテゴリの記事

コメント

今日は早く帰宅できたんですか。

先日の「宿題」はスムーズに作成できましたか。

冬本番という感じの寒さになってきましたが、そろそろ春がやってくる気配もしてますね。

投稿: ramaki | 2011年1月13日 (木) 22時05分

残念ながら、この季節に夕焼けが見える時間には帰れませんね。
先日の「宿題」をやりに行った日の帰りの話でした。

投稿: 看雲 | 2011年1月15日 (土) 01時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (犬)冬の宵:

« (紀行)越後水禽紀行(2日目)②その後 | トップページ | (犬)春隣り »