« 【紀行】越後湯沢犬連れ(その3) | トップページ | 【犬】散歩 »

2011年2月23日 (水)

【紀行】越後湯沢犬連れ(その4)

今回は、2泊しましたが、ほんの少し散歩に出たくらいで、もっぱら小屋の中でストーブにあたって過ごしました。

料理は、1晩目はタラのあら鍋、2晩目はそれに、キムチと豚を入れてキムチ鍋。主食は餅、つまみは、鮭とば、ウィンナーなどを網で焼いて。それから、地元の生落花生を茹でて食べたり、めかぶを切って茹でて食べたり。

ガスは使わず、すべてストーブの火で。

火にあたりながら、おなかが減ったら何かを乗せて、温まったらいただく。なんともぐうたらな生活ですが、贅沢な旅行でした。

これだけまとまった時間を少人数でお話をして過ごす、というのは、昔は普通だったのでしょうが、ネット時代には、珍しくなってしまったように思います。

でも、いいものです。今回は、それをするための旅行でした。

あと、突発的に麹を買って、ストーブで炊いたご飯に混ぜて、シャトルシェフで保温しておいたら、甘酒ができました。発案者に感謝しつつ、おいしく頂きました。
これは、ネットで作り方を検索してどうやらできそうだというので、やってみたらできた、というもの。
ネットも使い方次第です。振り回されないように注意、ということでしょうか。

0001_3

0002_2

|

« 【紀行】越後湯沢犬連れ(その3) | トップページ | 【犬】散歩 »

ペット」カテゴリの記事

紀行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【紀行】越後湯沢犬連れ(その4):

« 【紀行】越後湯沢犬連れ(その3) | トップページ | 【犬】散歩 »