« (植物)イネ科 | トップページ | (紀行)越後の初夏②雨の庭 »

2011年5月30日 (月)

(紀行)越後の初夏①ひめさゆり

0001
越後の早春の花が雪割草なら、初夏の花はヒメサユリでしょうか。

三条しただ高城(たかじょう)ヒメサユリの小径のしただ郷自然くらぶのガイドツアーに参加しました。

戦国時代の古城を探して稜線の木を切ったらヒメサユリが咲き始めたのだとか。

ヒメサユリは上空の森が開けると咲き、茂るとどこかに行ってしまうので、毎年咲かせるためにはせっせと木を切らなければなりません。猪やサルの好物でロープを張ったり袋を掛けたりして守っているのだとか。

台風の影響でちょっと蒸し暑くなりましたが、心配された雨もなく、タニウツギやウゴツクバネウツギの白い花が眩しく、稜線の松林ではハルゼミが賑やかで、残雪の山を見やりながらの伸びやかなハイキングになりました。0002

 

0003

|

« (植物)イネ科 | トップページ | (紀行)越後の初夏②雨の庭 »

自然観察」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

紀行」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (紀行)越後の初夏①ひめさゆり:

« (植物)イネ科 | トップページ | (紀行)越後の初夏②雨の庭 »