« (紀行)三条しただ写真塾とジェラートと温泉 | トップページ | (犬)お散歩 »

2011年11月13日 (日)

(音楽)日フィル定期ラフマニノフ

土曜日、日フィルの東京定期を観ました。

ラフマニノフの交響曲第1番
かつて聴いた演奏は、冒頭の動機が、低音のクラリネットが響く重々しくて地獄の釜の蓋が口を開けたようなおどろおどろしさで演奏され、終楽章の盛り上がりは、現世の快楽が虚無であることを示すようで、それがドラの強打でかき消された後の部分は、果てしない沼の底に無限に沈み続ける、といった演奏で、重苦しさだけが印象に残るものでしたが、今回のラザレフの演奏は、まるで別な曲のように感じられました。
まず、冒頭部分は、5本のホルンが、まるでファンファーレのように勇ましく鳴り響きます。
楽章のカーニバル風の盛り上がりは、すさまじい音量とスピードで、まるでサーカスの曲芸のようでした。途中指揮台を降りて第二バイオリンとチェロに近寄り煽り立てる一幕もありましたが、そういう風に弦の厚みにこだわったことで、ロシア農村の祭りのような人類の祝典のような音楽になりました。ドラの強打に掻き消された後の部分も、したたかに立ち直るような力強さがあり、ハイテンポで打楽器を打ち鳴らしながら勢いよく颯爽と終わりました。

どちらが標準なのかは知らないのですが、ともかくまったく違う曲想でした。今回のラザレフの解釈と演奏の方が好みです。

|

« (紀行)三条しただ写真塾とジェラートと温泉 | トップページ | (犬)お散歩 »

クラッシック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (音楽)日フィル定期ラフマニノフ:

« (紀行)三条しただ写真塾とジェラートと温泉 | トップページ | (犬)お散歩 »