« | トップページ | 葵祭 »

2012年7月28日 (土)

タイタン

一人暮らしだと、野菜を買っても、なかなか食べ切れません。キャベツ半玉を千切りにしてボール山盛りを馬のように食べたりもしましたが、管理が苦手なので、冷蔵庫にしまってしまうと、にんじんは葉が茂り、ジャガイモは芽を出したりと、腐らせてしまうばかりです。

京都のお店ではおばんざいが並べてあって、そこから選ぶ、というスタイルも多く、それで思いついて、週末などにまとめて普通に料理をして、その日食べる分以外はタッパーに入れて、弁当に詰めて持っていくことにしました。

ますは、小松菜とお揚げさんの炊いたの。Photo_5

関東で育ったので、小松菜というと、お浸しに醤油をかけて食べるか、炒め物にするか、くらいしか記憶にありませんが、こちらでは、茹でた後、出し汁でちょっと煮て味を付ける食べ方をよくします。「炊いたん」というのがすっと変換できるようになるまでちょっと時間が係りました。関東では何と言うのでしょうか。「煮付け」でしょうか。ちょっと違う気もします。きっとこういう食べ方が一般的ではないから名前もないのでしょう。

次は、南瓜と鰹節の炊いたん。
Photo_6
最初は冷蔵庫に入れて1週間使い回しましたが、そうすると、後半は傷みかけてしまいます。そこで、小さいタッパーに分けて冷凍することにしました。

オクラと鰹節のたいたん。

Photo_7

お店で食べておいしかったブロッコリーとベーコンのたいたんも作ってみました。
Photo_8

炒め物も小分けにして使いまわします。
Photo_9

おまけは、京都のでっかいお揚げさん。Photo_10

|

« | トップページ | 葵祭 »

京都」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイタン:

« | トップページ | 葵祭 »