« 洛中洛外変なもの | トップページ | 愛宕山 »

2012年11月 9日 (金)

たいたん秋編

京都といえば、生麩。
Photo_6

こちらは、近所の麩藤さんの粟麩の田楽。

甘長唐辛子と一緒にバター醤油炒めにしてみました。
Photo_8
フライパンで麩に焼き目をつけていったん取り出して、甘唐辛子を炒めてから戻して醤油をかけ、水を回して味をつけて出来上がり。

あと、最近のマイブームは、揚げ麩を千切りにして胡瓜と和えたもの。

Photo_7

揚げ麩は、五条大橋の半兵衛麩では、ただ、揚げ麩、と売ってますが、この六条通りの麩藤では、「六条麩」としています。錦市場の麩嘉では「利休麩」とありました。どれも、醤油などでしっかり味をつけて胡麻油で揚げた濃厚なもので、そのまま生野菜と和えるとおいしいサラダになります。

もみじ麩をインスタントみそ汁に入れてみました。
Photo_10

おいしいのですが、沈んでしまうと何も見えないので、やはりお吸い物の方がいいようです。

|

« 洛中洛外変なもの | トップページ | 愛宕山 »

京都」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たいたん秋編:

« 洛中洛外変なもの | トップページ | 愛宕山 »