« 「イリオモテヤマネコ」戸川幸夫 | トップページ | スイス紀行(その1)みんなスイスが好き »

2014年9月 7日 (日)

スイス紀行(その0)闇を追え

夏休みにスイス旅行に行ってきました。今回は、羽田を深夜に出るフランクフルト行きにしてみました。

深夜発で未明着の飛行機ですが、シベリア上空で一度明るくなりました。太陽が水平線上に上がっています。
飛行機の前方は夜の闇。日の光から逃れるように西へ飛び、再び太陽を地平線際の赤い天体にまで引き離し、そして、ついにまた夜の領域に逃げ込みました。その後は、着陸まで夜の闇でした。

Photo

ところで、新しい羽田の国際ターミナルでは、国境の垣根が低くなった気がします。
チェックインも手荷物検査もうんざりする行列はありません。その後の入管は、以前の国境防衛軍のような居丈高さはなくなり、駅の改札口のような感じです。あっという間に出国エリアにいました。
国境を意識することが少なくなることは、平和が保たれているということでしょう。いいことだと思いました。
飛行機もコンパクトで、搭乗開始30分後には出発です。

|

« 「イリオモテヤマネコ」戸川幸夫 | トップページ | スイス紀行(その1)みんなスイスが好き »

紀行」カテゴリの記事

スイス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイス紀行(その0)闇を追え:

« 「イリオモテヤマネコ」戸川幸夫 | トップページ | スイス紀行(その1)みんなスイスが好き »