« スイス紀行(その1)みんなスイスが好き | トップページ | スイス紀行(その3)ロープウェーとアルペンホルンとカウベル »

2014年9月11日 (木)

スイス紀行(その2)ローマ遺跡

欧州旅行のテーマは、ローマ遺跡です。
スイスは、イタリアからガリアやゲルマニアへの通り道なので、いろいろあるに違いない、ということで、今回は決めたのですが、プロバンスやトリーアのように分裂後の首都級の大都市ではなく、通過点ということで中堅都市が中心のようです。
それでもジュネーブなど、いくつかローマ由来の都市があります。
その中から、アヴァンシュとカイザーアウグストに行き、ローマ人が目ざとく見つけた温泉ロイカーバードに泊まりました。
アヴァンシュは、ローマの防衛線だったライン川とジュネーブを結ぶ街道沿い、ベルンから電車を乗り継いで30分ほど、ムルテン湖の先にジュラ山脈を望む静かな町です。
Photo
Photo_2
カイザーアウグストは、そのライン川沿い、今は、スイスの貿港バーゼルの少し上流ののどかな郊外の町にあります。当時は、橋がかけられていたそうです。
Photo_3
こちらは「地球の歩き方」にも載っていて、博物館は、ローマ時代の台所や食堂、店などを再現した展示など、力が入っています。
発掘作業も進められていました。また、遺跡を回りこんだところにひっそりと扉があって、押してみたら開いて、中に入ると自動点灯と効果音、といった具合で、丹念に見ると、いろいろ工夫がちりばめられています。
Photo_4
Photo_7
このテルマエ(浴場)カイザーアウグストの都市本体のものではなく、ライン川に面した出城のような橋のたもとの一郭の中のものです。ローマ人は本当に風呂好きです。
Photo_8
カイザーアウグストの市内中心部のテルマエは下。一部しか発掘できていないので残りは壁画です。
Photo_9

どちらの遺跡も、円形劇場では、イベントのセットの準備か片づけかの作業をしていました。頻繁にイベントで使われるようです。
Photo_10
遺跡はどれも自由に見学でも遊びでもできます。崩れているし、結構高いところもあります。自己責任で、との看板があります。
Photo_13
最近、遺跡に関心が高まっているようです。
従来の古代ローマ研究が文献研究に偏り過ぎていたとの反省から、考古学的検証研究を重視するように変わってきたとのこと。
そういう動向と関係があるのかどうか、どちらの遺跡も、家族連れ、引率された小学生の集団、自転車やテント泊、キャンピングカーなど、途切れなく人影があり、思い思いの時間を過ごしていました。
Photo_12

|

« スイス紀行(その1)みんなスイスが好き | トップページ | スイス紀行(その3)ロープウェーとアルペンホルンとカウベル »

紀行」カテゴリの記事

スイス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイス紀行(その2)ローマ遺跡:

« スイス紀行(その1)みんなスイスが好き | トップページ | スイス紀行(その3)ロープウェーとアルペンホルンとカウベル »