« 2016年5月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年6月

2016年6月11日 (土)

(日フィル定期)ブラームス

2016.6.10
小泉和裕指揮
シューマン:マンフレッド序曲
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
ブラームス:交響曲2番
ブラームスはフィナーレが好きです。
フィナーレに至る道のりはゲルマン人らしい粘着質な集中力で、気を抜くと途端についていけなくなります。
だが、その道を上り詰めたフィナーレの爆発には身震いがします。
今日の変奏曲も交響曲2番もフィナーレに至る前は、優等生っぽい律儀な楽曲で面白みがなく、私にはついていくのが面倒くさいのですが、それだけにフィナーレに至ってついに限界点を超えて炸裂し輝きを発するのは快感です。
交響曲2番でいえば、4楽章終わりのフィナーレに入って、全楽の強烈なスタッカート連打、そしてその後、落ち着こうとしてもすぐに声が裏返ってしまう辺り。
この辺も、もしかしたら、指揮者小泉さんの予定としてはもっと抑制を利かせた渋い演奏にしたかったのではないかと想像しますが、そこは日フィルが我慢の限界とばかりにすっかり普段ののりのりの演奏に突っ走っていました。
それがまた、抑制と爆発のコントラストの強さとなって今日の演奏の特徴となったと思います。
これはこれで指揮者とオーケストラとの出会いの妙といえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

ミャンマー旅(その8)交通事情(乗り物博物館)

農耕機に荷台を付けたの、
Photo_9

バイクに荷台を付けたの、
Photo_10

バイクの脇に座席を付けたサイドカー、
Photo_11

自転車の脇に座席を付けたサイドカーなどなど。
Photo_13

おまけ
Photo_15

これは観光用です。当然、乗りました。案外馬力が強く、4人で乗ってもへっちゃらでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

ミャンマー旅(その7)軍事政権の気まぐれ?

(バイク自転車禁止)
ヤンゴンはバイク自転車禁止だそうです。ベトナムや昔の中国の混乱を見て、軍事政権が何とか流入を食い止めようとしている、といううわさ。
Photo_14
もっとも、マンダレーのような地方都市までは監視の目が行き届かないのか、バイク4人乗りなど、ベトナムと同じ活気がありました。
Photo_16
(車は右側通行)
ほぼ全ての自動車が右ハンドルなのに、車線はなぜか日本と逆。隣国タイも左側通行だし、英国領だったりしたので、そのまま左側通行にしておけばよかったのに、最近になってわざわざ右側通行に変更したのだとか。ドライバーが助手席の方を振り向いてもっと先を覗き込むシーンがよくありました。やっぱり危険だと思います。
これも、軍事政権の気まぐれのなせる業、といううわさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

ミャンマー旅(その6)交通事情(庶民の足)

(トラックの荷台バスが庶民の足)
よく見かけます。長椅子があり、転落しないように手すりが渡してあります。
Photo_4
(荷物の上に人)
山のように荷物を積んだトラックの荷物の上に作業員が乗っているのもよく見かけます。振り落とされないのでしょうか。
Photo_5
Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

ミャンマー旅(その5)交通事情(ここは日本?)

日本メーカーの車ばかり、というだけではありません。右ハンドルばかり、というだけでもありません。荷台などの表示が、「山本電器 電話番号000」、「田中運送 神奈川県認可○○」、「佐藤表具店 京都府下京区○○」、「大阪府環境基準適合車」、、、
Photo
Photo_2

空港の搭乗バスに乗れば、「つり革にお掴まりください」、「お降りの方はボタンを押してください」
といった具合です。どこにいるのか錯覚してしまいます。
Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

ミャンマー旅(その4)ミャンマーは篤い

ミャンマーでは、日々の生活もお祝いもお寺とお坊様がよりどころなようです。
Photo_5
ミャンマーでは、皆、子供のうちに一度はお寺で修行するのだそうです。
Photo_6
もっとも、托鉢に回ると、ご近所の人が門前にテーブルを出して待ちかねているので、すぐに用は足ります。お菓子なども貰えているようです。
Photo_7
無事に修行を終えれば、家族でお祝いしてくれるとか。
なので若者は身なりは現代風に髪を染めたりしていますが、自然と節度をわきまえ、危なげがありません。
朝のお寺はお参りする人が後を絶ちません。生活に深くしみ込んでいるのでしょう。
Photo_8
お寺中心の、自発的な寄進に基づく社会保障なので、不満や不公平感は起こりようがありません。弱者にまで福祉が届きにくくなりがちなアジアにおいて、最も弱者にやさしい社会といえましょう。
犬も猫も小鳥も、そのおこぼれにあずかって幸せそうです。
写真は、パゴダの参道途中の明りとりの穴。風が通って涼しいのです。
Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2017年1月 »