昆虫

2015年6月20日 (土)

アシナガバチその後

今度は2階のベランダに巣を発見。

いくらなんでも1軒の敷地に巣が3軒とは。
芋虫毛虫が苦手なので,庭木を毎日丁寧に巡回警備してくれるアシナガバチはうれしい味方だけに,巣は歓迎ですが、洗濯物を干す場所だけに,一緒に取り込んでしまって刺されたり,干すときに衣類をバタバタしたりしたらニアミスりするリスクはかなり高くなります。
ううむ。
それにしても,うまいところを見つけたものです。鋭角の深い庇と2方の壁に覆われて雨がかかりにくく,上空からは見下ろせません。ただ,そうはいってもただの軒下なので,スズメバチの目から逃れきれるのかどうか。

自治体のホームページは,どれもアシナガバチ擁護が文面にじみ出ています。
手が届かないなら駆除しなくていい,とも。 http://www.city.sakai.lg.jp/kenko/kenko/sodan/gaichu/mijika/ashinagabachi.html http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000016600/hpg000016546.htm
確かに巣には手が届かないが,巣から外に出動するときには,庇の下を回り込むから人間の生活スペースとかなり重なります。
それにスズメバチの餌でもあるので,呼び寄せることにもなります。

まあ,考えてみれば,残り2つの巣も門から玄関へのアプローチの脇すぐ足下なのだから,リスクは似たようなもの。椿や桜に毎年数回は集団発生するドクガ、イラガ、シロヒトリなどを今年は見かけません。
以前,枝豆の全てのさやに幼虫を仕込んだカメムシまで食べてくれるそうです。

もう少し様子を見ようか、、、と言ったら家人に大反対されて、あえなく棒ではたき落されまてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

アシナガバチ

昨秋、庭のクチナシの植え込みの中に、アシナガバチの大きな巣ができて、たくさん集まっていて驚きましたが、今年も、同じ場所に巣を作り始めました。Photo

近くにもう一軒。妹でしょうか。

2匹交互に竹垣を齧っていきます。巣材にするのでしょう。
Photo_2

個人的には、葉っぱにつく青虫芋虫が苦手なので、庭の枝を丁寧にパトロールしてくれるアシナガバチは頼もしく、ぜひ住みついてもらいたいものです。
ハチが苦手な同居人は、スズメバチが寄ってくるから、と嫌がっていましたけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

ハナアブの幼虫

小鳥の水浴びを長いこと放置していたら透明な虫がわきました。
Photo_3
Photo_4

拡大してみると、長い尻尾があり、口は大きくてらせん状の器官が透けて見えます。

Photo
足が5対ぐらいあるようです。
Photo_2

グーグルで、「水たまり」「透明」長い尾」と検索したら、すぐに、似たような写真が出てきました。それで、ハナアブの幼虫らしいと分かり、次に、ハナアブで検索したら、ビンゴでした。あっという間です。時代は変わったものです。
アブといいますがハエの仲間で、親は花粉を運びます。幼虫は、汚れた水の浄化もしている、とのことです。
どうやら味方のようなので、元の場所に放免した。
ハナアブの類の幼虫には、アリやスズメバチの巣に寄生するものや、アブラムシを襲って食べるものもあるそうです。随分バラエティーに富んでいます。
ところで、この水受け、鳥も犬もたまった水をよく飲みます。毒はないようですが、お互いうまいことやってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

(紀行)越後湯沢

Img_0003
海の日の連休、越後湯沢に行ってきました。昼間はさすがに暑かったけれど、林の下なら歩くことはできました。

Img_0001_2

小さな水たまりには、オタマジャクシがいっぱい。Img_0002

Img_0004
この、アカガエルになるのでしょうか。

それとも、こちらのモリアオガエルなのでしょうか。Photo

昆虫もたくさんいました。Photo_2
おとしぶみ、でしょうか。

Photo_3
何かのメスでしょうか。

Photo_7
蜘蛛は、まだお休み中。

Photo_14こちらは、かげろうでしょうか。

昼間はさすがに蒸し暑かったけれど、夜は、まだホタルが飛ぶのが見られました。ちょうど満月を少し過ぎたころ、影がはっきりするほど明るい夜、林道を散歩するのは楽しかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

(庭)シモツケマルハバチ、アゲハ

庭のシモツケが丸坊主にされている、と、連れが発見。みると、私の苦手な幼虫がついています。ネットで調べたら、簡単に、シモツケマルハバチ、と判明。

私はこの手の幼虫が苦手なので、写真は撮っていませんが、見たい方は、名前で検索すればすぐ出ます。

園芸書によれば、農薬を撒くか、摘んで補殺するか、ということですが、どちらもできず、結局、木酢液をかけて様子を見ました。ネットで調べると、効果なしとのこと。まあ、植物にダメージがないのに虫に効くはずはないか。

金柑の木にも、アゲハの小さい黒い点のような幼虫や、終令のごっついやつなど。これも、怖くて見られなかったのですが、客人に発見してもらいました。

今日になって、摘んでいたあしたばにも、小さい黒い点のようなアゲハの赤ちゃん。
こちらは、葉っぱごと鳥の餌台の上に置いて鳥さんに進呈。

ううむ。農薬はどうも。アシナガバチがせっせと丹念に木々を巡回して駆除してくれているし、雀の親子もせっせと何か食べているしなあ。

などと思っているうちに、シモツケの虫も少し数が減ったよう。この時期に出るものらしい。思えば今年は花を見たかなあ、という程度で、まあ枯れはしないようなのでよしとするか。

金柑の方も、とりあえず丸裸というようではなくて、葉も青々しているし。

勝手に生えてきて、畑をのたくって勢力を広げているかぼちゃにも丸い穴が。こちらはクロウリハムシのようです。Photo
見ていると、ずんずん器用に丸く穴を開けます。花は半日でしぼんでしまうので、食べてもいいし、葉っぱもわがもの顔に畑を占拠する勢いなので、こちらはあまり気になりません。

昨年、スカシバに痛めつけられたクチナシも、やっと少し花をつけ始めました。Img_0002

今年、アブラムシは最初にニガウリにとりついていただけで、最近はあまり見ません。
テントウムシが退治してくれているのでしょう。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

(紀行)越後の初夏①ひめさゆり

0001
越後の早春の花が雪割草なら、初夏の花はヒメサユリでしょうか。

三条しただ高城(たかじょう)ヒメサユリの小径のしただ郷自然くらぶのガイドツアーに参加しました。

戦国時代の古城を探して稜線の木を切ったらヒメサユリが咲き始めたのだとか。

ヒメサユリは上空の森が開けると咲き、茂るとどこかに行ってしまうので、毎年咲かせるためにはせっせと木を切らなければなりません。猪やサルの好物でロープを張ったり袋を掛けたりして守っているのだとか。

台風の影響でちょっと蒸し暑くなりましたが、心配された雨もなく、タニウツギやウゴツクバネウツギの白い花が眩しく、稜線の松林ではハルゼミが賑やかで、残雪の山を見やりながらの伸びやかなハイキングになりました。0002

 

0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

越後三条梅雨時紀行④ほたる

三条ホタルの会主催のホタル観察会に参加しました。

場所は、小布施谷。集落を水路が流れる風情のある家並みを過ぎないうちから、小さな水路にもホタルの姿が。庭先の松の木にもホタルが。贅沢な暮しぶりをうらやましく感じました。

その奥の水田にはゆったりと明滅しながら遠くの林のへりを飛ぶゲンジボタルのオス、ちかちかと明滅するヘイケボタル。草の上には幼虫が光るクロマドボタル。

始まりの挨拶、終わりのまとめ、危険の説明、途中でのやまぐわの実を摘むお楽しみ、など、正統派自然観察会でした。何よりも、こういう自然観察会に参加すること自体がとても楽しいので、充実したひと時でした。

横浜の某所のホタル祭りに行って、押し合いへしあいしながら人ごみに流されていたのを思い出しました。

ここでも、ちょっとホタルを宣伝すると、町の人が大挙して乱入してきて近隣住民はたまったものではない、ということになっちゃうのは同じだそうで、今回の観察会も、別の公園でやっていたのですがキャパシティーをオーバーして、この静かな山村に移動してきたのだそうです。

都会の人が自然との付き合い方に成熟するのには、もう少し時間と経験が必要なようです。

遠くでトラツグミの声が聞こえ、足元ではおけらがしきりに鳴いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

鶴見川散歩

この間の日曜日、鶴見川を日産スタジアムまで散歩しました。

トビが、土手でもらった餌に群がるドバトを何度か蹴散らしていましたが、そのうち、川面を旋回し、ふと気がつくと、電柱の上で、何か獲物をついばんでました。Photo

Photo_2

他には、アオサギ
Photo_3

ウが見られました。Photo_4

土手の桜には毛虫がたくさんついていました。家の庭のオクラにも、いつの間にか中指ほどに成長した緑色の毛虫がついてましたが、今は、毛虫が大きくなる季節なのでしょうか。

ともかく、天高いすがすがしい初秋の散歩を楽しみ、その後は、日産スタジアムの中に初めて入り、初めてサッカー観戦をしました。Img_0027_2

スタジアムの雰囲気も、サッカーの応援の雰囲気も非日常的で、楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

【畑日記】キアゲハ到来

とうとう、我が畑にも幼虫系が登場しました。芋虫は苦手で、園芸雑誌に写真が出てくるだけで、どきりとするぐらい気が小さいのです。
↓拡大注意。Img_0001

先日、キアゲハが畑中飛び回って、モロヘイヤやらトマトやらにところかまわず卵を産みつけているようで、見かねて、追い回しても、しばらく未練がましくしてましたのですが。どうやら、そのときの卵がいっせいに孵ったようなのです。
で、無頓着な親に適当に産みつけられた子供たちは、モロヘイヤもトマトも気に入らなかったらしく、隅っこのパセリに大集合してしまったようです。数えて9匹。
しかし、このパセリは、最初に植えた2株のうちの1つなのですが、大きくなるでもなくひっそりと佇みながら次第に元気をなくしつつあるやつなのでした。ちなみにもう一つは消えてしまいました。

ということで、さすがに、これに9匹は無理だろう、と思いつつ、手も出せずに様子を見ていたら、さっそく、翌日には、もう、軸だけになってしまっていました。
それでも軸は食べ残すあたりは、ちょっとぜいたくな奴らです。今まさに、それぞれ思い思いの方向に旅立とうとする瞬間のようで、再び土に降り立って、散っていきます。

あとで思えば、散る前に一網打尽に処分すべきだったのかもしれませんが、そのときは、しばらくもがきながら進むのをやや茫然と眺めていました。ちょっと目を離すと、もう何処にいるのかわからなくなってしまいます。

どうせ近所のモロヘイヤやピーマンやオクラには手を出すまいと、高をくくっていると、後で見に行くと、畑の反対側のアシタバに到達してしまっていました。感心しつつも、そのすぐ上には柚子の木を植えてあるので、危険です。敷地外に立ち退いてもらうことになりました。ちょっと後に見に行ったら、もう姿はありませんでした。さっそくスズメのおやつになったのか、または、驚異的なスピードで次のエサ場にもぐり込めたのか、それはわかりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

【庭の生物】ネコとセンチコガネ

庭の芝生にフンをしていく者がいます。木酢液をまいてみたり、トウガラシの匂いのする顆粒を買ってきて置いてみたり、試していますが、効いているのかいないのか。

今朝も、新鮮なのが落ちていたので、残しておくとまた来るようになるから除去することにしたところ、下から甲虫が2匹でてきました。こちらはさっさと処理してしまいたいところですが、彼らは名残惜しそうにモノにしがみついてきます。どうにか振り落して始末を終え、戻ってきたときには、どこかに行ってしまっていました。そういうことで、気が動転していて写真も取れず、同定もできませんでしたが、センチコガネか何か糞虫でしょう。

丸っこくてつやつやしていて、思えばかわいいやつでしたが、せっかくのごちそうを取り上げてしまってちょっと気の毒なことをしました。

しかし、そのうち餌台を置いて窓からバードウォッチングを、と考えているところなので、ネコとどう付き合っていくか悩ましいところです。

と思いつつ、先ほど帰宅したら、門柱の上に、今朝の落し物の主と思しき毛並みのいいトラ猫が涼しそうに寝そべっていました。
この家の主であるかのごとく悠々としており、こちらが門扉を開けて横を通り抜けると、面倒そうに斜面を登って石の上に寝そべりました。階段の途中に立ち止まってしばし眺ながらどうしようかと思っていると、ネコの方もどうしようかと思いつつこちらを見ているようでした。

ひんやりとした秋の空気が爽やかな宵で、とても気分がよかったためか、実際、実物を見てしまうと、まあ悪いやつじゃなさそうだ、と感じられたりしつつ、でも、捨ててもおけず、とりあえず、庭に上がって接近してみました。

ネコの方も、敵か味方が様子を見ているようで、間合いを取って、隣の石に移動します。
また近づくとさらに離れてウッドデッキの階段に座ります。

だんだん方針が固まって、さらに迫ると、軒下の砂利を踏んで奥へ逃げていきます。どこから出入りするのか確認するため、追いかけると、裏をまわり込んで、お隣との境のブロック塀を軽々と飛び越えて闇に消えました。
勝手知ったる、という感じなので、いつも通っている道なのでしょう。

ということで、我が庭の住人がまた1匹確認されたわけですが、果たしてどうしたものでしょうか。いっそ受け入れてご飯でもあげれば賑やかになって楽しいようにも思えますが、そこまで関わってしまったら彼か彼女の健康についての責任やご近所への責任が発生しそうで踏み込めませんでした。

まあ、もうしばらく様子見ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)